手軽に行える整形手段

注射器

美容のためのメンテナンス

美容整形と言ってもその種類は数多く存在します。最近ではプチ整形と呼ばれるような手軽な手法も増えてきました。その中のひとつとも呼ばれているのがボトックスです。ボツリヌス菌のたんぱく質から作られている成分なのですが、美容目的で使用される他にも医療行為の一環としても使用されています。作用としては筋肉を弛緩させる役割があります。筋肉に直接アプローチすることによって痙攣や多汗症などの治療にも用いられています。その作用を利用して美容目的としても使用されるようになりました。ボトックスは患部に注射器を用いて成分を注入するだけで完了しますので、施術自体は数分で終わることがほとんどです。身体にかかる負担も最小限に抑えることが出来ますので、日常生活に支障を与えることもほとんどないでしょう。普段仕事をしている場合でも特別休みを長くとって行う必要もありません。美容整形の種類によっては術後に腫れや赤みが生じることもありますが、ボトックスの場合はそういった副作用があまりみられませし、患部によっては多少腫れることもありますが、数日で引いてきます。ボトックスは効果を発揮するまでに何日かかかることが多いので、術後に効果がほとんど現れなくても様子を見てみましょう。ボトックスは注入する部位によって得られる効果が異なります。まず一つ目の効果としては若返りです。表情筋によって生じたしわ部分に注入すれば、筋肉の動きを抑制させることが出来ますので、しわが徐々に目立たなくなります。注入してから三か月から半年程度はその状態を維持させることができます。その後は徐々に元の状態に戻っていくので、しわの無い状態を維持させたいのならば定期的にメンテナンスが必要になります。クリニックによって料金設定が異なりますので初回の値段だけではなく、メンテナンスをする予定で受診するのならば、二回目以降の費用に関しても必ず確認しておきましょう。若返り以外にも小顔や痩身目的で利用されることも多いボトックスですが、顔の咬筋部分に注入することによって輪郭をすっきりさせる効果がありますので注入する前よりも小顔になることができます。小顔目的で行う場合は回数を重ねると定着率が高くなりますので、大体五回前後施術を受ければ元の状態に戻りにくくなるとも言われています。これに関しても個人差がありますから注意しましょう。痩身目的で行う場合は筋肉太りした部分に効果的です。主に足痩せなどで使用されることが多いのですが、筋肉量や個人の体形や体質などによって注入量が異なりますのでその分料金にも差がでるということを頭に入れておきましょう。

Copyright© 2018 色々な効果が期待できるボトックス【ボディケアにも役立つ】 All Rights Reserved.